皆は遠距離恋愛でどんなことに悩んでる?

遠距離恋愛をしていると、通常の恋愛と異なることから困難なこともあるでしょう。そういったことから、色々と悩んでしまうこともあるものです。では、離れて暮らす恋人を持つ人はどういったことで悩んでいるのでしょうか。

すぐに会うことが叶う距離にいるならば、会うことでお互いのことを感じることで安心感を得ることもできるかもしれません。しかし、遠距離恋愛であればそうもいきません。会いたいと思っても距離によって隔てられてしまっていることもあります。

頑張れば会えなくもないかもしれませんが、それぞれに生活や金銭的な都合というものもあります。会えるだけでも幸せなのに、離れていればそれも簡単ではない点が、もどかしく2人の壁となってしまうという悩みがあることです。

会いに行くための交通手段は、飛行機や新幹線、高速バスなど様々ありますが、金額もかかってしまうことから、会うためのお金を工面することは離れているカップルにとっては苦労してしまうポイントとなります。

今回は自分が会いに行ったから今度は相手がこちらに来てくれる番と言う風に、交互に行き来をすることも手段の1つです。そして、来てもらった時には来てもらった側がデート費用や食事代などを出すといった工夫もおすすめです。

交通費については金券ショップでリーズナブルにチケットを入手する方法もありますし、疲れるかもしれませんが、車があるなら自身で運転していくことも一案でしょう。この様な、会うための多少の苦労すら楽しいと思えるのなら問題はありません。

ただ、こうした手間を負担に感じてしまう人にとっては悩みの種となってしまうかもしれません。頻繁に会えないならば、会えない間のコミュニケーションが大事になってきます。できるだけマメに電話で話したりメールをすることで、近況を教え合ったりすることは、離れて暮らす2人にとっては大切なことなのです。

しかし、いつも電話をしていれば代金がかさんでしまいます。交通費のみならず通信費も多額がかかってしまうようでは、お金が幾らあっても足りなくなってしかいかねません。なので、電話代についてもなるべくかからないように工夫をすることも必要です。

例えば、LINEの無料通話もありますし、月額で幾らか払うようにして、特定の番号だけはかけ放題にするということもできます。遠距離恋愛中の女性の悩み相談としては、彼と週末に会う予定になっていたものの、自分の仕事の都合で会えない可能性が高くなったというものがあります。

その女性としては彼と会うために仕事の都合も付けたはずだったのに、上司に女性の都合は関係なく、次の週末は出勤する覚悟でいるようにと言われたのです。女性は、彼に会いにいくことを告げることもできないので、上司の話を了承したのでした。

その女性が彼に土日に仕事が入ってしまったことを電話で告げると、最初は仕方ないといった風だったのが、次に会う日の相談をし始めると段々と機嫌が良くなくなってきてしまったのです。

今回の件で、彼の気持ちが冷めたのではないかと女性は気落ちされています。この様に、会う約束がキャンセルになることも、悩みの種となってしまうことがあるということです。