会えない時間が寂しい…そんな気持ちはどうやって紛らわす?

遠距離恋愛をしていると会えない時間も長いものです。その時間はとても寂しく感じてしまうこともありますが、一体どの様にして紛らわすことができるのでしょうか。会えない時間の過ごし方について考えてみましょう。

離れて暮らしている2人であれば会いたいと思ってもすぐに実行に移せないこともあるかと思います。そういった面もあり、寂しく感じることも多々あるのではないでしょうか。会うことが容易にできないからこそ、メールや電話といったツールがカギを握るのです。

相手の声を聞くと安心するでしょうし、写真を送り合うことで話題ができたり相手の日常を知ることもできます。できるならばネットを使ってテレビ電話を利用するということも手段の1つとなります。

また、会えない時間は趣味にあてることも一案です。例えばヨガや料理、ボイストレーニングなど様々あります。趣味をしている中で他の方との出会いもありますし、熱中することで恋人と会えない寂しさも紛れるでしょう。

趣味をすると自分を成長させてくれますし、彼と話す際にも話題にすることもできます。さらに、遠く離れた彼と電話をすることもあるかと思います。しかし、いつでもできるわけではないものです。

そういった時には友達に電話をするという手段もあります。ただ、友達の場合も事情があるでしょうし電話ができないこともあるかもしれません。それならネット上でスカイプなどといったビデオ通話を通して話をする、相手を探す掲示板もあります。

ネットの掲示板に趣味などを書き込み、相手が見つかったら話をするというものです。ただ、ネット上ということもあり悪質な人もいるかもしれませんし、出会い目的と言うケースもあることが考えられます。

なので、要注意するためにも掲示板に書き込むなら女性との電話を求めることと、自身の年齢を書かないといったことを対策として行うことがポイントです。この点に注意することで、彼と会えない、話せないという寂しさを紛らわせることもできるでしょう。

そして、ネットにあるカウンセリングサービスを受けるという方法もあります。最近では鬱病に悩む方も少なくないため、ネットのカウンセリングサービスも広がりを見せてきています。

鬱病に関してだけではなく、恋愛に関する相談にも対応しているカウンセリングがあるので、そういったものを利用されるのはいかがでしょうか。初回は無料で相談できるサイトもありますし、リーズナブルに利用できるサイトもあります。

大体のサイトで恋愛の相談にのってくれるので、遠距離恋愛中の恋人と会えないことが寂しいという方などは、匿名で第三者に気軽に話せるカウンセリングサービスを利用するというのが便利です。

また、遠距離恋愛ではやっと会えたとしても別れなければいけない時にはお互いにとても寂しい思いをするでしょう。離れなければいけなくなったとしても、それは永遠というわけではなく、長いスパンで考えるとほんの少しの時間であると捉えることも大事です。

寂しくならないために、別れる際に『バイバイ』と言うのではなく『またね』などということも一案です。