彼ともう一度!遠恋で別れた相手と復縁するためには

遠距離恋愛をしていて、何かの原因によって別れてしまうこともあるでしょう。しかし、やっぱり相手のことが好きでやり直したいということもあるかもしれません。そういったときにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、どうして別れることに至ってしまったのかを思い返してみることが必要です。相手を失ってしまったなら苦しい思いをすることや、落ち込むこともあるものです。しかし、ある程度の期間が経ち気持ちも落ち着くことができたなら、別れの原因について振り返ることが賢明です。

頭の中で色々と考えてしまうと、またしても失恋をしたことの痛みなどを思い出してしまうかもしれません。そうなると冷静に考えることが不可能になってしまうこともあるので、スマホのメモ機能に入力してみることや、紙に書きだすといった方法が適しています。

どうして別れたのかを思い出したなら、今後は原因となったことを繰り返さなければ良いのです。メモをした内容は、復縁に向けて頑張っている時に辛くなりそうになった場合などに見返してみることが大事です。

もし復縁を望むなら、頻繁に連絡をすることや、復縁したいという気持ちや相手でなければ駄目であるといったことなどを何度も言うようなことは避けることが必要です。自分の気持ちをそのままに伝えても効果はありません。

復縁したいのであれば、やはり冷却期間をおくことがポイントになります。その期間は大体3か月ほどとされています。冷却期間にはできるだけ相手に連絡することを断つことが前提です。

そして、なぜ別れることになったのかを考え、復縁するためにどうすれば良いのかを計画していくようにしましょう。この期間には、自分磨きをすることや相手に会いに行くための資金を貯めるといったことも有意義です。

以前であれば、破局したカップルが連絡を再度取り合うことは難しかったものですが、今はSNSが普及していることから、こうしたものを活用することも手段です。ただ、別れてしまったとしてもある程度は交流ができるほどの友人ではあることも必要になります。

メールを送るとなるとハードルが上がってしまうかもしれませんが、SNSなら割と気軽にコメントを残したりすることができるのではないでしょうか。SNSでコミュニケーションが取れるようになってきたなら、メールを送るなどして相手と少しずつでも近づけるようにしましょう。

ただ、この際には復縁したい気持ちを前面に押し出すのではなく、明るさを心がけて近況報告をする程度に留めることがポイントです。メールには、『身体に気を付けて』などといった労わる文を最後に書くことも大事です。

復縁を望む相手と徐々に友達のように接することができるようになってきたなら、今度は相手と会うことを考える段階となります。その際には、ヘアスタイルやファッションをイメージチェンジンジするなど、変化を見せることも一案です。

別れた時点と異なるあなたを見れば、相手も心を動かされるかもしれません。