それは嫌!遠距離恋愛で自然消滅にならない様にするためには

愛する恋人と遠距離恋愛になってしまったとしても、なんとか努力をして自然消滅にならないようにしたいものです。そのためにはどういったことが適しているのでしょうか。自然消滅を防ぐためのコツなどを考えてみましょう。

最近では、インターネットを介してビデオ通話を使うことで、顔を見ながら話しをすることも可能になっていることから、離れていたとしても寂しく感じることは以前に比べて少なくなっているかもしれません。

それでもやはり距離というのは2人にとって隔たりとなってしまうことがあります。それでも自然消滅しないようにするためには、連絡が来たらきちんと忘れずに返すということがポイントです。

もし2人の物理的な距離が近かったとしても、連絡が返ってこなければ寂しいものです。それが遠距離恋愛となればなおのことではないでしょうか。連絡が来ないことの寂しさを埋めるために、他の人に目移りしてしまう可能性もないとは言い切れないでしょう。

仕事や勉強が忙しいという場合には、返信も後回しになってしまうこともあるかもしれませんが、『今は勉強しているから後で返すね』などと一言は先に返しておくことがカギとなります。

そうすることで、相手に安心してもらうことができます。もし出かけるということがあるなら、その出先での写真を撮っておいてその写真を送ってみると、実際に出かけたことがわかり信頼感を与えることもできます。

また、相手を縛り付けることは良くありませんが、2人の間にルールを設けることは必要です。離れていれば会える頻度も少なくなってしまうこともあり、月に1度程度会っているというカップルも少なくないでしょう。

そういったことから、相手と繋がる手段としてはメールや電話といったものが考えられます。ただ、それも人によってそれぞれであり毎日電話をしたいという方もいれば、電話はたまにでいいけれど、メールに主軸を置きたいと考える方もいるものです。

望む連絡の方法や回数なども人それぞれであることから、2人でどの様な方法が望ましいのかということを話し合い、週に2回ほど電話をするといったことや、『おはよう』や『おやすみ』のメールは欠かさずにするといった、2人にとって苦にならない決め事をすることが大事です。

さらに、遠距離恋愛を長続きさせるために重要なことですが、相手だけに負担がかかることや、あなたにだけ負担がかかるといったことは避けることが重要です。いつもどちらかが会いにいくのであれば、会いに行っている方だけが負担を強いられることになります。

相手に会いたい一心で苦をいとわずに相手の元を訪れていたとしても、それが続いてくると、どうして自分ばかりがこうして会いに行っているのだろうと思ってしまうこともあるかもしれません。

そうして、お金がないことから会いにいくことを先延ばしにしようを考えるようになることもあり、不公平さを感じることもあるでしょう。交互に会いにいくようにするなどの対策をとることで、平等に負担することができるため、関係も続けていくことができるのです。