この方法で解消!遠距離恋愛のマンネリ対策とは

遠距離恋愛は、通常の恋愛に増して会えないなどの困難な点があることもあり、ケンカをしてしまうことや倦怠期が訪れるなどが長引いてしまうことで、破局に繋がってしまうことがあります。

では、そのマンネリな状況を打破するためにはどうすれば良いのでしょうか。通常の恋愛ではマンネリの解消をするために距離を置くというケースも多くあるでしょう。しかし、遠距離恋愛においては話が異なります。

お互いに物理的な距離が離れていることもあり、連絡を断ってしまえばそのままフェードアウトしてしまうことが考えられるのです。遠距離恋愛なら、会うことだけでも2人にとってとても刺激になりますので、直接会い絆を深めることも一案です。

会う前にヘアスタイルやファッションを変えるなどイメチェンをすると、さらに刺激になって良いのではないでしょうか。この際には、流行を取り入れることや相手の好みにチェンジすることがカギです。そうすると、相手も嬉しいのではないでしょうか。

マンネリ傾向のあるカップルでは、それぞれに相手のことを全て手に入れたと思っていることが多いと考えられます。相手をちゃんと信頼できていることは良いことですが、相手が自分のものであるという慢心を起こしてしまうことは、2人でいる際にもあまりドキドキすることもなくなってしまうでしょう。

相手が安心してリラックスし過ぎてしまっているようであれば、僅かにでも相手がドキリとしてしまうことを加えることも一案です。例えば、異性の誰かからプレゼントをもらったということや、食事に誘われたなどといったことを伝えて、自分の他にも周囲に異性がいるのだということを気付かせるようにすると、相手もきっと取られたくない一心から気持ちを引き締めるのです。

ただ、この際のドキリとする事柄については、少し程度にして控えめにする点がポイントです。そうしないと、必要のない心配をさせてしまいますし、相手が他の異性を近づけないようにして、束縛をするようになるからです。

2人が付き合い始めた頃は、気分も高まっていますしドキドキの度合いも大きいものです。それに、遠距離恋愛がスタートした時点では頻繁に会えなくなることから、寂しくて仕方がないという思いをしたものでしょう。

一緒に2人の歩んできた過去を振り返ってみることもマンネリの解消にはうってつけです。その頃のことを思い出すことで、新鮮な気持ちまでも思い出せますし、これまでに乗り越えてきた様々な困難があるなら、きっとこのマンネリをも乗り越えるだけの力もあると再認識できるのではないでしょうか。

1人で思い出すのではなく、彼と一緒に話している途中で思い出話として相手と共有することが大切なのです。とても仲が良かった頃の写真を飾ってみることも手段の1つです。遠距離恋愛でなかなか先が見えない状態というのが続くことでもマンネリ期になってしまうこともあるので、結婚をする時期などといった2人の最終目標を持つこともマンネリ打破にはうってつけです。