どの程度?遠距離恋愛での連絡の頻度について

恋人とはメールや電話などで連絡をとっていると思います。会えない時でも話したりできることは大変に便利なものです。しかし、遠距離恋愛になった場合には、どの程度の頻度で連絡を取り合うことがベストなのでしょうか。

遠距離恋愛をすることになったとはいえ、永遠に離れていなければいけないということもないかもしれません。連絡はこれまでと同じ程度の頻度で構わないのです。傍にいられた時期にお互いがちょうど良いと思える間隔であったのなら、問題はないでしょう。

もし離れてから頻度が増すと相手に『もしかして疑われているのだろうか』などと思われてしまう可能性もあります。逆に減少したなら気持ちが冷めてきたのだろうかと相手が思うかもしれません。

距離が離れてしまったからと言って、今までよりマメに連絡をしなければいけないということもないですし、気持ちをリラックスさせて余裕を持つことも大切です。また、付き合っていくなら、2人の関係を継続していくためにルールを設けることもポイントです。

それは、ルールに縛られ過ぎるということではなく、約束を互いに守ることで信頼を生むことができるということです。要するに、1日1度電話をするという決め事をしたとして、続けることが困難になってきたならその頻度を落とすことも方法ですし、少なくともメールはするというルールに変更することも一案です。

2人が『それで良い』と思えるルールにすることが大事です。彼氏側が離れることになった場合には、生活パターンを乱されたくないと思っていることや、会えないことを我慢しているのに連絡を頻繁にとっていたら自制心が崩れるといったことを、男性が感じていることもあります。

恋愛は、お互いに平等であることが大切です。よって、どちらかばかりに負担がかかることは好ましくありません。長く続けるためにはあなただけが我慢をする必要はないということです。

連絡の頻度については、話し合って決めることも大事です。その際には、相手にとってどの程度の頻度であれば相手の負担にならないのかという点や、時間帯はいつが望ましいのかと言う点について明らかにするようにしましょう。

相手の事情ばかりではなく、あなたの不安な点や不満に感じていることなども素直に伝えることも必要です。この様に話し合いながら、折り合いがつけられる点を見つけていくことが適しています。

遠距離恋愛で上手くいっているカップルがどの程度の頻度で連絡を取り合っているのかと言うと、平均的に1日に1度のメール、電話に関しては3日に1度ということが多いということです。

これに関しては、カップルの性格や年齢によっても異なるのですが、相手を信用して高過ぎない程度の頻度での連絡がベストだということなのです。ちなみに、日記を書いたような一方的な文や、返信が必要になってくる疑問符が使われたメールが多いこと、長文が多いことなどは男性が苦手なメール内容だということも覚えておくと便利です。