遠距離恋愛で避けるべきNG行動を把握することも大事!

遠距離恋愛を継続していくためには、避けなければいけない行動もあります。そのNGとなる行動を知らずにアクションを起こすことで、もしかしたら破局に向かってしまう可能性もあるでしょう。ではそのNG行動とは一体どういったものなのでしょうか。

まずは、やはり束縛することです。彼にウンザリされそうだということで、『浮気しないで』などといった事も言い過ぎないことが大事だという女性もいます。それに、とても浮気の心配をしてしまうことで、連絡を取り過ぎたり束縛も過度になることは逆効果になるとする意見もあります。

例えば毎日連絡するという決め事をしたり、彼の行動を逐一把握しようとするなどといったことは、相手にとっても心的な負担をかけてしまいますし、関係がうまくいかなくなってしまうことがあります。よって、お互いに信頼し合えるようにすることが大事なのです。

また、彼を試すようなことをするのもいけません。要するに、別れ話を持ち出して気を引こうとすることもNGです。それ以外にも、自ら連絡を断つことやメールや電話が来ていてもそれを放置しないようにしましょう。

こちらから連絡を断ってしまうと、相手も『それならもういい』と思ってしまう可能性もないわけではないでしょうし、この事が引き金となり疎遠になってしまうこともあるのです。

幾ら相手に会えなくて不安だからと言って、相手を試すようなことはしないことが賢明です。心配してほしくて、わざとメールの返信を遅らせたりすることがあるかもしれませんが、もし相手が『試されている』と知ったら気分を害するかもしれません。

さらに、『会いたい』と言う時に気を付けるべき点もあります。ある方は、会いたくなることはあるけれど、失敗しないために我慢すると言います。また、どちらか一方だけが会いに行くということも避けることが無難です。

これは、時間や金銭的な面で不公平となりそれが不満となることがあります。離れて暮らしているとなると、会うために時間を費やしお金も費やすことになります。それが負担にもなるでしょう。

こうしたことが度重なってしまうと、どちらも疲れてしまいかねません。よって、どちらかだけが会いに行くということはやめることも一案です。そして、夜中の遅い時間に突然『声が聞きたくなった』ということで電話をすることもNGです。

寂しさに駆られて電話をしたくなる時もあります。しかし、相手にも相手なりの生活リズムがあるのです。もう既に寝ているかもしれませんし、疲れていることもあるでしょう。そういったときに電話に付き合うことになると、相手はこんな時間にかけてこないで欲しいと思うことも考えられます。

そして、2人の関係にもヒビが入ってしまうことになるかもしれません。例え寂しいとしても堪えることが大事です。電話であっても会っている時でも自分の話ばかりすることもいけません。

女性なら、その日の出来事などを色々と話したい方も多いものです。しかし、男性にしてみるとそうしたとりとめのない話を延々と聞かされると疲れるということもあります。そういったことから、自分だけ一方的に話すだけではなく、2人の共通となる話題などを話すことも必要です。